1. HOME
  2. >
  3. フェスで必要なもの
  4. >
  5. 野外でもしっかりスキンケア!ワンステップのお手軽スキンケア2

野外でもしっかりスキンケア!ワンステップのお手軽スキンケア2

夏フェスの間や、移動中のバスの中など、肌の乾燥を感じることは多いもの。でも、手元にスキンケア用品を持っていなかったり、面倒だったりといった理由で、乾燥を無視してしまうことも。

肌が乾燥するということは、肌バリアが壊れてしまっているということです。肌内部の水分が蒸発しやすい状態で、乾燥を放置するのは絶対にNG。

時間がない時でも、野外でも、簡単にできるスキンケアをご紹介します。

 

 

さっとひと吹き。ミスト化粧水で乾燥を防ぐ

メイクをした状態で保湿をするとなると、おすすめはやはり「ミスト化粧水」です。

様々なミスト化粧水が販売されていますが、夏場に長時間持ち歩くなら、安全面からもガスを封入していないものがよいでしょう。

保湿の仕方としては、1度ティッシュで軽く肌を押え、皮脂を除いてからミスト化粧水を吹きかけます。皮脂をオフするのにティッシュを使うのは、皮脂を肌から取りすぎないため。あぶらとり紙の多様は、必要以上に皮脂を除いてしまい、肌バリアを壊す原因の1つになります。日常的にあぶらとり紙を使用するのは、あまりおすすめできません。

ファンデーションがよれている場合には、ミスト化粧水を吹きかけた後にパウダーファンデーションをつけたパフで押さえれば、メイク直しも同時に完了。

バスの中などでも鏡を見ることなく使えるので、ミスト化粧水は1本携帯すると便利です。

 

ニベアクリーム(チューブ)

ニベアクリームを美容に用いることは、今や常識。通常のニベアクリームは缶に入っていますが、携帯にはチューブタイプが便利です。

ニベアで保湿する場合には、顔全体に塗るのではなく、乾燥しやすい部分のみにポイント使いします。

クリームを少量指先にとり、指を擦り合わせて薄く伸ばしてから、目元や口元などの肌を押えるようにしてつけます。

メイクの上から使うので、塗り広げるとメイクが落ちてしまいます。そっと押えるイメージで、肌に乗せてあげてくださいね。

肌のテカリが気になる場合には、最後にパウダーを使いましょう。

 

 

 

夏フェスは楽しくて、夜通し映画やイベントに夢中になってしまうはず。オールをするなら、美容のための備えも大切です。

スキンケアグッズもきちんとそろえて、肌を少しでも労わってあげましょう。

帰りのバスの中でも、保湿はしっかりと。夏場の肌ダメージのリペアには、肌をしっかりと潤わせることが大切です。

備えあれば憂いなし。事前に肌に合う保湿グッズを選んでおきましょう。

 

星空の下でシネマアウトドアフェスを楽しもう!
地球とヒトが‘笑う’映画祭

重大告知

JR大阪駅直結の
大型ファッションビル!!


にてプレイベント
開催決定!!!

特設サイトはこちら↓↓