1. HOME
  2. >
  3. フェスで必要なもの
  4. >
  5. 野外でもしっかりスキンケア!ワンステップのお手軽スキンケア1

野外でもしっかりスキンケア!ワンステップのお手軽スキンケア1

夏場でもちょっとしたことで乾燥を感じてしまう肌の人は、スキンケアを怠ると後々大変。ところが、イベントなどに出かけると、楽しいことに意識を向けがちで、毎日丁寧にやっている自身のケアを忘れがち。

せっかく楽しんでいるのに、面倒だな……なんて思わずに、きちんとケアしてあげましょう。

ここでは、ワンステップで完了する手軽なスキンケアをご紹介します。フェスの間でも肌をきちんと労わって、肌トラブルを防ぎましょう。

 

バームをさっとひと塗り。しっかり保湿

手軽な保湿アイテムとして人気なのが「バーム」。スティック状のものや、ジャーに入ったものなど、様々なバームが販売されています。

夏フェスの場合は、往復のバスの中も乾燥しがち。そんな時、乾燥しやすい目元や口元などに、メイクの上からバームを使うことで、乾燥によるつっぱりやカサつきを防ぐことができます。メイクを落として1からスキンケアをするのは面倒だけど、メイクの上から使う分には手軽でおすすめ。

バームを塗る際は、たっぷりと塗るのはNG。ポイントに使う場合には、指先に少しつけて、指先で伸ばしてから、指で肌を押えるようにして肌に乗せます。

顔全体に使う時は、手のひらにバームを少量取り、両手を擦り合わせるようにして伸ばしてから、手のひら全体で顔を覆うようにして抑え、肌につけます。

 

肌が弱い人には、ワセリンがおすすめ

ちょっとした刺激で肌荒れを起こしてしまうような人には、ワセリンがおすすめです。ワセリンは、純度が高い「白色ワセリン」を求めるようにしましょう。

塗り方は、バームと同様、1度手のひらや指先で伸ばしてから肌を押えるようにしてつけます。

また、肌バリアに問題があるとメイクもままならないことが多いのですが、洗顔のあとにワセリンを塗ってからメイクをすれば、メイクに配合された成分が直接肌に触れないため、肌への影響を最小限にとどめることができます。

夜間のイベントなど、長時間メイクを落とせないような時は、是非活用してください。

 

 

 

ちょっとした心がけで、肌の状態はぐっとよくなります。外出中のスキンケアはどうしても億劫に感じてしまいますが、そこは少しだけ我慢を。

わざわざ化粧室に行かなくても、その場でバームやワセリンを使うだけで、イベント後の肌は全然違いますよ。

スキンケアグッズを上手に使って、健やかな肌を保ちましょう。

 

星空の下でシネマアウトドアフェスを楽しもう!
地球とヒトが‘笑う’映画祭